2018フェブラリーSの有力馬情報

2018年初のJRAGIといえばフェブラリーSですが、ダート路線は基本的に同様のメンバーが固定化しています。ですから昨年の同レースやチャンピオンズCに出走していた馬が、今年のフェブラリーSにも出走する予定です。

ワールド競馬が特に注目している馬は2頭いて、まずは昨年のフェブラリーSとチャンピオンズCを制したゴールドドリームです。JRAのダートGIを連覇したわけなのでこの馬の実力は疑う余地はありません。そしてもう1頭はある意味ではゴールドドリーム以上に注目を浴びているテイエムジンソクでしょう。チャンピオンズCでは敗れてしまったものの、東海Sで強さを発揮したので今年のフェブラリーSでも良いところを見せてくれそうです。

その他にも、サウンドトゥルーや古豪のアウォーディー、カフジテイクなどからも目が離せませんし、他にもケイティブレイブやロンドンタウンなども虎視眈々と狙っているでしょう。ゴールドドリームが頭ひとつ抜けている状況ですが、力通り決まるとも思えませんし、新しい馬の台頭も予想されるので面白い展開になるかもしれませんね。

特に明け4歳馬からは目が離せませんが、史上最強ダート馬候補に挙げられたエピカリスが出走しないのは非常に残念です。

2018ダイヤモンドSの詳細情報

東京競馬場の芝3400mを舞台に開催されるかダイヤモンドS。かなりの長距離で行われるということもあり、長い距離が得意な馬たちがこぞって出走します。

今年のダイヤモンドSで有力視されているのは間違いなくフェイムゲームでしょう。この馬は2014年と2015年の同レースを制覇しており、今年が5度目の挑戦となり、今年勝利を収めると見事3勝目を達成する形です。

他にも注目馬が複数出走予定で、その中の1頭がリッジマンです。重賞レースは札幌2歳Sに1度出走したのみですが、ワールド競馬が見守る今年の万葉Sでは古川騎手鞍上で2着に入っています。長距離が向くと思われているため、芝3400mの舞台はもしかすると非常に合うかもしれません。

他には昨年のダイヤモンドSで2着に入っているラブラドライトも怖い1頭です。昨年の覇者でもあるアルバートは残念ながら出走する予定はありませんが、今年もアルバートのような強い馬が優勝してくれると長距離戦線が盛り上がります。昨年の天皇賞春の覇者でもあるキタサンブラックが引退を果たしたため、今年のダイヤモンドSの結果次第では天皇賞春の有力馬として数えられる可能性も高まります。
非常に特殊なレースなので一度生で観戦してください。

2018京都記念のメンバーは超豪華

レベルが高いG2レースの1つでもある京都記念は、2月に行われる芝の重賞の中でトップクラスのレベルを誇っており、ワールド競馬も注目しています。
毎年多くの有力馬が出走を果たしますが、2018年も同様です。
最も注目されるのが昨年のダービーを制し、その後神戸新聞杯を勝ち、古馬相手のジャパンカップでも2着に入っているレイデオロです。
不動の1番人気が予測されており、鞍上のルメール騎手と共に圧倒的な強さを見せ付けたいところです。

しかしレイデオロ1強という訳でもなく、昨年のエリザベス女王杯を制したモズカッチャンも注目すべき存在です。
この馬はしっかりと力をつけており、前走は古馬牝馬相手にしっかりと勝ち切っているので、明け4歳となった今はかなり充実していると考えられます。
おそらくデムーロ騎手が引き続き騎乗するので、その勢いも他の陣営は恐怖に感じるでしょう。

他にもGI馬の出走が予定されていて昨年の皐月賞馬のアルアインや秋華賞を勝利したディアドラ、またエリザベス女王杯ではモズカッチャンの2着に敗れたクロコスミアも雪辱を期しているはずです。
京都記念が行われる時期はまだまだ寒いのですが、出走するメンバーレベルが高いこともあり、多数の入場者が予想されています。

2018年のシルクロードSは大荒れの可能性も?

1月28日に京都競馬場で開催されるハンデ重賞のシルクロードS。
春に行われる高松宮記念を目指している馬も出走することが多く、このシーズンの重要なスプリントレースとなっています。

現時点で判明している出走予定馬の中には、前走1600万条件戦を出遅れながら制したアレスバローズもいます。
この馬は父がディープインパクトで、母父がトニービンという血統で、何よりも注目なのが生産者のヤナガワ牧場はキタサンブラックやコパノリッキーの生産牧場としても知られていることです。
このGI馬2頭が引退した今、アレスバローズがヤナガワ牧場の代表馬となるのでしょう。

他には重賞勝ちはありませんがオープン特別のレースを過去に2勝しているミッキーラブソングがいて、この馬は父がキングカメハメハで母はヴィクトリアマイルを制したコイウタです。
コイウタもヴィクトリアマイルを勝った時にはあっと驚く脚を繰り出しましたが、ミッキーラブソングもそれと同様にシルクロードSの舞台で活躍して欲しいです。

他には2017年の夏の札幌開催のオープン特別で優勝し、秋にはオープン特別で3着、そしてG3の京阪杯で3着になっているイッテツもいます。

上記だけでなく様々な馬が出走することになるので、今年のシルクロードSは大荒れになる可能性も秘めているでしょう。ワールド競馬期待のレースです。

アメリカJCCにはGI確勝級と言われたリアファルも!

1月に開催される重賞レースの中で特に大きくて注目を集めることが多いのがアメリカJCCです。

数々の実績馬が出走を表明していますが、中でもマスコミやファンから熱視線を送られているのがリアファルです。
この馬は3歳時に神戸新聞杯を制し続く菊花賞で1番人気に推されながら3着に敗れています。
この時点で将来GIを勝つことは確実だろうと思われていたのですが、故障などもあり活躍できていません。
今回も1年ぶりの出走となるので不安がつきまといますが、持っているポテンシャルは非常に素晴らしいものがあるのでそこそこ人気になりそうです。

他には2016年にラジオNIKKEI賞を制し、2017年には七夕賞を勝っているゼーヴィントからも目を離さないでください。
大きな舞台でも安定感のある走りを見せており、セントライト記念では皐月賞馬のディーマジェスティと差のない競馬を演じています。
おそらくこの馬が1番人気になることが予想されています。

またタンタアレグリアやシングウィズジョイも非常に怖い存在として考えられており、まさに誰が勝ってもおかしくはないレースとなりそうです。
近年は以前ほどアメリカJCCは重視されていませんが、歴史や有名馬の勝利も多数あるレースなので観戦しましょう。ワールド競馬も非常に注目しています。

実績馬が出走する日経新春杯

1月に開催される重賞レースの中でも比較的大きなものが、日経新春杯です。
年によっては強豪馬がたくさん出ることもあり、今年もGIで上位人気に推された経験がある馬が出走を控えています。ワールド競馬が非常に注目のレースです。

ミッキーロケットがおそらく1番人気に支持されると思われ、この馬は昨年の同レースの勝者でもあります。
GIレースでも善戦することが多く、昨年の同時期にはシャケトラを破り宝塚記念を勝ったサトノクラウンとも差のない競馬をしています。
父はキングカメハメハ、母父はPivotalという血統です。

このほかには前走のアルゼンチン共和国杯でスワーヴリチャードの2着に入ったソールインパクトも上位人気になるでしょう。
スワーヴリチャードは現役馬の中でもトップクラスの実力を秘めているため、この馬を物差しとして考えた場合ソールインパクトには高い実力は備わっていることが想像できそうです。
デビュー以来の戦績表を見ると2着や3着が多いことに気づき、そのため実力はあるものの出世が遅れたイメージがぬぐえません。
ただ2歳時から東京スポーツ杯2歳Sで3着に入る活躍ぶりを見せていて、2017年には七夕賞でも3着に入っています。
ディープインパクトの産駒ということで若い頃から注目されましたが、今年の日経新春杯で爆発的な強さを見せてくれるかもしれません。

カツゲキキトキトが東海菊花賞を連覇

地方競馬ファンに愛されている馬の1頭でもあるカツゲキキトキト。
ライバルでもあるトウケイタイガーとの対決は毎回大きな盛り上がりを見せてくれます。

11月16日に名古屋競馬場で開催された東海菊花賞にはトウケイタイガーは出走しませんでしたが、オウマタイムやエイシンクリアーのような地方競馬の中でもトップクラスの実力を誇る馬が出走しました。
カツゲキキトキトは昨年の東海菊花賞を制覇しているので、今年も勝利すると連覇達成でした。ワールド競馬期待のレースです。

単勝オッズは1.0倍と信じられないくらいの圧倒的支持を集め、2番人気のオウマタイムが11.5倍なので、その一極集中ぶりが理解できるのではないでしょうか。

ワールド競馬が見守る中、スタートしてハナを奪ったのはヴェリテで、カツゲキキトキトがそのあとに続き、そしてオウマタイムも続きます。
カツゲキキトキトは途中で先頭を奪い、そのままゴールをしたのですが、2着につけた着差は何と6馬身。
予想されていた以上の圧巻ぶりに、ファンだけでなく関係者も驚いたことでしょう。
これで無事東海菊花賞の連覇が成し遂げられました。

カツゲキキトキトは主戦騎手の大畑雅章騎手が騎乗し、これで15戦連続の騎乗となりました。
これからもこのコンビの姿を見続けることができそうです。

エリザベス女王杯でもデムーロが魅せる

11月12日に京都競馬場で開催されたエリザベス女王杯。
牝馬の最強馬を決める戦いといっても過言ではなく、毎年一流牝馬たちが勢ぞろいします。

今年も例年通り実績を残している馬たちが出走を果たしました。
ワールド競馬が見守る中、1番人気に推されたのは昨年の秋華賞を勝ち、今年のドバイターフも制しているヴィブロス。
前走では伏兵のクロコスミアに逃げ切りを許してしまったこともあり、エリザベス女王杯では雪辱に燃えていました。
そして2番人気にはGI勝ちこそないものの牡馬との混合重賞で好成績を挙げているルージュバック、3番人気には2冠牝馬のミッキークイーンが推されました。

前走府中牝馬Sで逃げ切りを収めたクロコスミアはフロック視されてしまったのか9番人気にとどまりました。
3歳牝馬の中で最も人気を得たのがディアドラでした。

レースはクインズミラーグロが逃げる展開で、続いて府中牝馬Sとの連勝を目指すクロコスミアが2番手。
3コーナーを回る頃には多少順位の入れ替わりがあり、外から襲いかかろうとしてきます。
4コーナーをカーブして直線に入るとクロコスミアが先頭に立ち、そのまま押し切ろうとしますが、ゴール直前でモズカッチャンとミッキークイーンが並びかけます。
優勝したのはモズカッチャンで嬉しい初GI勝利となりました。

ウインブライトが福島記念を鮮やかに勝利

ワールド競馬一押し、11月12日に福島競馬場で開催された福島記念は、福島競馬場が誇る最大のレースといっても過言ではありません。
超一流馬が出走することはかなり少ないのですが、毎年ローカル戦線をにぎわせている馬たちが出走しています。

今年1番人気に推されたのは戸崎騎手鞍上で前走小倉記念で2着に入っているサンマルティン。
小倉記念では勝ち馬のタツゴウゲキと0.0秒差だったので、かなり強いと思われていた可能性が高いです。
2番人気は3歳馬のウインブライト、3番人気はスズカデヴィアス、4番人気はプリメラアスールでした。
単勝オッズだけを見るとそれほど荒れる印象はありませんでしたが、おそらく競馬ファンの中には福島記念=荒れるというイメージを持った人も多いはずです。

スタートをしてまず初めにハナを起きたのはプリメラアスール、続いてフェルメッツァ、ウインブライトなどと続きます。
レース途中でマイネルミラノが先頭に立ち、逃げていたプリメラアスールは4番手あたりに後退します。
しかし3コーナーを回る頃には逃げるマイネルミラノを捕まえようとウインブライトが交わして先頭に躍り出ます。
このまま1着でゴールかと思われたところにスズカデヴィアスやヒストリカルが襲いかかります。
しかしウインブライトが首差しのいで優勝を果たし、現3歳馬の強さを見せ付けました。

ゴールド争覇でのライバル対決とは…

現在の地方競馬における強豪馬といえば、トウケイタイガーとカツゲキキトキトが連想されます。
これまでに何度か対戦していますが、最近ではトウケイタイガーの方が一枚上といった評価がなされています。
それは10月27日に名古屋競馬場で開催されたゴールド争覇の単勝オッズを見てもわかり、トウケイタイガーが1番人気に推され単勝1.3倍、カツゲキキトキトは3.5倍でした。

ワールド競馬が見守る中、レース自体はトウケイタイガーが逃げ、7番人気のポルタディソーニが続きます。
カツゲキキトキトは道中8番手付近を進みながら、途中で進出を始め、最終コーナーでは4番手あたりまで順位を上げます。

最後の直線は見応えがあり、最終的には2番人気のカツゲキキトキトがトウケイタイガーを差し、力を見せ付けました。

カツゲキキトキトは父がスパイキュール、母父がキングカメハメハという血統。
それに対してトウケイタイガーは父がタイムパラドックス、母父がマルゼンスキーという血統です。
今後この2頭は何度も対戦することがあると思いますが、そのたびに素晴らしいレースを見せてくれそうですね。

カツゲキキトキトは先日の白山大賞典でJRA所属の馬たちを相手に2着に入っており、実力があるところを証明しています。